ことわざ

今日のことわざ 『飛んで火に入る夏の虫』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などを徹底解説!

スポンサーリンク

やっと梅雨が明けたと喜んでいたら、とんでもない猛暑が襲ってきましたね・・・

昨夜のことですが、喉の渇きを覚えて目を覚ました私は、水分補給にと、冷蔵庫を開けたのですが、冷たい飲み物がなく、自動販売機まで買いに行ったのですが・・・

大量の虫が張り付いた自販機に寒気がして、少し離れたコンビニまで歩く羽目になっちゃいました・・・

そんなわけで、今日のことわざは・・・

今日のことわざ『飛んで火に入る夏の虫

今日のことわざ
 

飛んで火に入る夏の虫(とんでひにいるなつのむし)

意味 ・・・ 自ら進んで危険に飛びこむことのたとえ。

飛んで火に入る夏の虫』の意味、由来

多くの虫がに集まるという習性を利用して、古くから害虫を駆除するために 、灯火を使っていました。

そのことから、灯火に向かって勢いよく飛んで行った虫が、焼け死んでしまう様を表現したことわざです。

虫の愚かな死に様を人の行動にたとえた表現ですので、向こう見ずな行動や無謀な行為を忠告したり、あざ笑ったりする際に使われます。

類義語、対義語

類義語
 

愚人は夏の虫飛んで火に焼くぐにんはなつのむし とんでひにやく)

『飛んで火に入る夏の虫』の古い言い回しで、鎌倉から南北朝時代ころの『源平盛衰記』(巻八)などに見られます。さらに古くは『万葉集』(巻九)に「夏虫の火に入るが如し」とも見られます。

これらの深い歴史から、夏の夜の人間と虫との『長い戦い』が続いているのだと思い知らされますね。

対義語としては・・・

申し訳ありません。

適切な対義表現が見つかりませんでした。

何かあれば追記致します。

例文 こんな場面で使おう 

例文
 

・プールでもろくに泳げないくせに、あんなに荒れた海に飛び込むなんて、飛んで火に入る夏の虫だ。

・ダイエット中でイライラしている姉に、つまらない冗談を言うなんて、飛んで火に入る夏の虫になってしまうので、話しかけるのはやめておこう。

・プロボクサーの彼に喧嘩を売るなんて、まさに飛んで火に入る夏の虫だ。

スポンサーリンク

英語での表現は?

Fools rush in where angels fear to tread.

fool・・・愚か者  rush・・・走る   fear・・・恐れる  tread・・・足を踏み入れる

直訳すると少しぎこちなくなってしまいますが・・・

愚か者は、天使が足を踏み入れるのを恐れる場所にも走っていく。

という感じですかね。

It is like a moth flying into the flame.

moth・・・蛾(が)

それは炎に飛んで入る蛾のようだ。

では、みなさんも、『飛んで火にいる夏の虫』にならないように、暑い夏を楽しみましょうね!

関連記事

  1. 今日のことわざに『歌は世につれ世は歌につれ』の意味、由来、類義語…
  2. 今日のことわざ『二度あることは三度ある』の意味、由来、類義語、対…
  3. 今日のことわざ『背に腹は代えられぬ』の意味、由来、類義語、対義語…
  4. 今日のことわざ『流れを汲みて源を知る』の意味、由来、類義語、対義…
  5. 今日のことわざ『弱きを助け強きを挫く』の意味、由来、類義語、対義…
  6. 今日のことわざ『一年の計は元旦にあり』の意味、由来、類義語、対義…
  7. 今日のことわざ『初心忘るべからず』の意味、由来、類義語、対義語、…
  8. 今日のことわざ『触らぬ神に祟りなし』の意味、由来、類義語、対義語…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

PAGE TOP