6級 ことわざ

今日のことわざ 『芋を洗うよう』

みなさん、おはようございます。

夏だから当たり前のことだとは言っても、今日も暑いですね・・・

明日からの週末も、全国的に猛暑が続くようですので、海やプールなど、すごい混雑でしょうね・・・

夏フェスなんかも、すごい人ですよね・・・

そんなわけで、今日のことわざは・・・

今日のことわざ『芋を洗うよう』

 

芋を洗うよう (いもをあらうよう)6級

意味 ・・・ 大勢の人で大変混み合っている様子。里芋を桶などに入れ、棒でかきまぜて洗う様子から。

 

解説

ここでの『芋』とは、じゃがいも、さつまいも、ネバネバする山芋ではなく、『里芋』のことを言います。

 

煮物や汁物の定番具材で、ホクホクしていて美味しいですよね♪

ですが、そんな里芋にも難はあります。

里芋の皮は固く、ゴツゴツしているため、付着した泥が落ちにくいんです。

手でゴシゴシ擦って落とそうもんなら、シュウ酸カルシウムという成分の影響で、手がかゆくなってしまいます。

下処理が非常に厄介な食材というわけです。

そこで・・・

水を入れた桶やバケツなどの中に里芋を大量に入れて、棒でかき混ぜて、皮に付いた泥を取ります。

現代のように、使い捨ての調理用手袋などなかった頃の、活の知恵』ですね。

里芋を敷き詰めて、里芋同士を擦り合わせて泥を取っていくという原理です。

つまり、『芋を洗うよう』とは、里芋が桶の中で窮屈そうにぶつかり合う様子人混みにたとえた表現です。

きれいに泥が落ちましたね。

類義語 対義語

『芋を洗うよう』の類義語や対義語は、どのような表現があるでしょうか?

 

類義語

立錐の余地もない(りっすいのよちもない)5級

意味 ・・・  人や物がぎっしりと詰まっていて、少しのすき間もないこと。

『錐(きり)』とは、先端が細く尖った、木材に穴を開けるための工具ですが、その先の細い錐を立てる余地(隙間)もないほど、ぎっしり詰まっているという意味ですね。

対義語

猫の子一匹いない (ねこのこいっぴきいない)8級

意味 ・・・ だれもいない様子。

お店の目線で言えば・・・

閑古鳥が鳴く (かんこどりがなく)8級

意味 ・・・ 客足もなく、ひっそりと物さびしいようす。

正確には、同じ意味、反対の意味とは言えませんが、このような感じで言い換えたり、反対の意味を表したりできますね。

 

例文 こんな場面で使おう!

 

例文 彼女と駅前の広場で待ち合わせしたのだが、芋を洗うような混雑ぶりで、見つけることができなかった。

例文 人生初の夏フェスに参戦したのだけど、芋を洗うよう人混みが窮屈でたまらなく、全く楽しむことができなかった。

例文 近所にある激安スーパーは、毎日開店時から芋を洗うような状況だ。

 

スポンサーリンク

英語での表現は・・・

 

The beach was filled to capacity with people jostling against one another.

訳)ビーチは芋を洗うような混雑ぶりだった

be filled to capacity ・・・ 定員でいっぱいになる。

capacity ・・・ 容量、収容能力。

capacity については、もうほとんど日本語としても通用しますよね。『この会場のキャパは3千人だ』という感じでよく耳にしますね。

jostle ・・・(乱暴に)押す、押しのける。

英語での近い表現としては、このような感じになりますね。

他にもたくさん言い回しはありますので、勉強してみてください。

 

そんなこんなで、夏はどこに行っても人で溢れていますが、たまには外に出て、夏を楽しんじゃって下さいね♪

では、また明日!

関連記事

  1. 今日のことわざ『雨後の筍』
  2. 今日のことわざ『郷に入っては郷に従え』前編
  3. 今日のことわざ『気が気でない』
  4. 今日のことわざ『身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ』
  5. 今日のことわざ『国破れて山河あり』
  6. 今日のことわざ『脛に傷持つ』
  7. 今日のことわざ『対岸の火事』
  8. 今日のことわざ『同じ釜の飯を食う』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

PAGE TOP