5級 ことわざ

今日のことわざ『身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ』

ラグビーワールドカップ東京開催、日本代表 VS ロシア代表 のメンバー発表がありましたね。

今日もラグビーにぴったりのことわざを紹介していきますね。

ラグビーというスポーツの魅力は、迫力ある豪快なプレーが真っ先に挙げられると思いますが、それだけ危険なスポーツでもあります。

毎試合複数人の怪我による退場者が出るのは当然、試合中に脳震盪を起こす選手も珍しくありません。

また、そんな危険なスポーツと向き合う心身ともに屈強な選手たちにも、恐怖心は少なからずあることでしょう。

生半可な覚悟では、グラウンドに立つことすらできないでしょう。

前回の2015年ワールドカップイングランド大会、今回も代表選手に選ばれている、スクラムハーフ・田中史朗選手は、大会前に奥様にこう伝えたそうです。

「命がけで戦う。もし俺が死んだら新しいいい人見つけてな」

https://news.livedoor.com/article/detail/10638920/ 

この投稿をInstagramで見る

Nanamiさん(@real__napcy61)がシェアした投稿

それほどの覚悟を持って臨んだ前ワールドカップ、日本代表は初戦で強豪・南アフリカを破り、日本のラグビー史を大きく塗り替えました。

その立役者の一人が田中史朗選手でした。

残念ながら前回は予選グループ突破は叶いませんでしたが、今回はやってくれるはずです!

そこで、今日のことわざは・・・

 

身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれみをすててこそうかぶせもあれ)5級

意味 ・・・ 自分の命を捨てる覚悟で取り組めば、危機を脱し、活路を見出せるということ。

 

解説

人は溺れかけてしまった時、冷静さを欠き、手足をバタバタさせるなどして、もがいてしまいます。

その結果、もがけばもがくほど、深みにままってしまうものですね。

ですが、捨て身になって水の流れに身を任せてしまえばやがて浅瀬にたどり着き、立つことができるという例えから生まれた表現になります。

よほど体脂肪が少ない人でなければ、水中で身体の力を抜けば、自然と浮かび上がりますよね。

溺れたくない、死にたくないという気持ちを捨て、身体をの力を抜いて川の流れに身を任せることを、『自分の命を捨てる覚悟』川の流れが自然と浅瀬へと導いてくれるということを、『危機を脱し、活路を見出すこと』にたとえられています。

一大決心をして事に臨む時や、覚悟を決めて物事に取り組む時に多く使われる表現です。

類義語 対義語

類義語

 

皮を切らせて肉を切り、肉を切らせて骨を断つ(かわをきらせてにくをきり、にくをきらせてほねをたつ)3級

意味 ・・・ 多少の損害を覚悟して相手に大きなダメージを与えること。

現代では、『肉を切らせて骨を断つ』と省略して使われることの方が多い。

重賞の下には死士あり(じゅうしょうのしたにはししあり)1級

意味 ・・・ 多大な褒章には死の覚悟がいるとのたとえ。

スポンサーリンク

対義語

 

命あっての物種(いのちあってのものだね)7級

意味 ・・・ 何事も命があってこそ初めてできるものだということ。

この表現が、『身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ』の反対、または完全に否定する表現かと言えば厳しいですが、いつも通り、一つでも多くのことわざを紹介するために、一例として挙げておきますね。

こんな場面で使おう 例文

 

例文 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれと、チームが一丸となって立ち向かった結果、ラグビー日本代表は見事に予選を突破した。

例文 長い人生、誰にも何度かは身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれと、厳しい戦いを挑まなければならない時が必ずやってくるものだ。

例文 レギュラーから外された時には、サッカーを辞めようかとも考えたが、身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれだと必死に練習に励んだ結果、レギュラーどころか、県の選抜メンバーにまで選ばれることができた。

例文 勤めていた会社が倒産した時には不安で眠れない日が続いていたが、先輩から一緒に起業しようと誘いを受けてからは、身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれと、寝る間も惜しんでがむしゃらに働いた。あの頃は実に充実した毎日だった。

例文 ピンチをチャンスに変えるには、身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれと、腹を括るのも、立派な手段の一つだ。

このように、窮地に追い込まれた時の心構えや、困難を乗り越えるための決意を表す表現として使われます。

英語での表現は・・・

He that fears death lives not. (死を恐れる者は生きられない)
Fortune favours the bold. (幸運の女神は勇者を助ける)

若干宗教っぽさがある言い回しのように思えますが、要点としては同じことが表現されていますね。

スポンサーリンク

まとめ

自国開催というプレッシャー、体格的な不利、相次ぐ故障者・・・

多くの不安を抱えて開幕を控えるラグビー日本代表チームではありますが、そのプレッシャー、恐怖心を『身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ』の精神で、大きな力に変えて日本中を大いに沸かせてくれることでしょう。

こんな彼らの『覚悟』から我々が学ぶことは、たくさんあるはずです。

選手たちと共に、ワールドカップを盛り上げていきましょう!!!

関連記事

  1. 今日のことわざ『瓜二つ』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英…
  2. 今日のことわざ 『芋を洗うよう』
  3. 今日のことわざ『可愛い子には旅をさせよ』の意味、由来、類義語、対…
  4. 今日のことわざ『読書百遍義自ずから見る』の意味、由来、類義語、対…
  5. 今日のことわざ『対岸の火事』
  6. 今日のことわざ『嵐の前の静けさ』
  7. 今日のことわざ『二番煎じ』
  8. 今日のことわざ『人間至る所青山あり』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

PAGE TOP