故事成語

今日のことわざ『鯉の滝登り』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで徹底解説!

スポンサーリンク

2021年『M-1グランプリ』から、ことわざを学ぼう!

2021年、今や年末の風物詩となった№1漫才師を決定する『M-1グランプリ』ですが、今年はベテランコンビ、『錦鯉』が優勝を果たしましたね。

この投稿をInstagramで見る

M-1グランプリ(@m_1grand_prix)がシェアした投稿

『M-1』は若手漫才師の登竜門と言われる大会で、これまで『M-1』活躍した芸人さんは、それをきっかけに大きく飛躍していきました。

また一方で『M-1』の発案者である島田紳助氏は、

芸能の世界は甘いものではなく、努力したからといって誰もが成功できるわけではない。

出場者の芸歴に制限を設けたのは、芽が出ない人には次のステージへ人生の舵を切るきっかけにして欲しいからだ。

とも過去に語っていました。

ですが、今回優勝した『錦鯉』は、コンビ歴こそ短いものの、なんと43歳と50歳のベテラン芸人でした。

若手漫才師の登竜門といわれる『M-1』を、超ベテランの『錦鯉』が制するなんて、まさに鯉が黄河上流の急流の滝・登竜門を昇って龍になるという伝説のようですね。

というわけで今日のことわざは・・・

今日のことわざ『鯉の滝登り』

今日のことわざ
 

鯉の滝登り(こいのたきのぼり)

意味 ・・・ 立身出世のたとえ。また、勢いのよいことのたとえ。

『鯉の滝登り』の意味、由来

鯉の滝登りとは、古代から中国に伝わる、黄河上流にある竜門の滝と呼ばれる急流を登りきった鯉は、龍と化すという伝説に基づく表現で、

立身出世のたとえ。また、勢いのよいことのたとえ。

という意味を持つ故事成語になります。

このことから、鯉は古代から縁起物として親しまれてきました。

5月5日の端午の節句に鯉のぼりを揚げる日本独自の文化も、『男児の成長と出世を願う』という概念から始まったものになります。

そして、由来となる故事は、中国後漢朝について書かれた歴史書『後漢書ー党錮列伝・李膺伝』にあります。

是時朝廷日亂、綱紀頽地、膺獨持風栽、以聲名自高。士有被其容接者、名為登龍門。

是の時朝庭日に乱れて、綱紀穨阤す。膺独り風裁を持し、以て声名自ずから高し。士の其の容接を被むる者有れば、名づけて登竜門と為す。

要約:当時、朝廷は日に日に乱れ、規律が崩れていくなか、李膺(りよう)という官僚だけが品格を保ち、自らの名声に相応しい品位を保つよう努めていた。そのような李膺に認めらた者がいると、「龍門に登った」と言われ、みな出世の道を歩むこととなった。

そして、秦・漢王朝の関中の山や川などの地理的環境について記した書・『三秦記』からの注釈を添え、

河津一名龍門、水險不通、魚鼈之屬莫能上、江海大魚薄集龍門下數千、不得上、上則為龍也。

河津、一名龍門、水險しく通ぜず、魚鼈の屬、能く上るもの莫し、江海の大魚龍門の下に薄り集うもの數千、上るを得ず、上れば則ち龍と為る。

要約:注に引く『三秦記』に、次のようにある。河津は一名(またの名)を龍門とも言い、凄まじい急流で、魚やすっぽんのたぐいでそこを登ることができるものはない。川や海の大魚が数千匹もこの龍門の下に群がって来るが、登りきれるものはなく、もし登りきれたならば、その魚は変じて龍となるのだ。

この故事から、『登龍門』、それに加えて『鯉の滝登り』という故事成語が生まれたのでした。

登竜門(とうりゅうもん)

意味 ・・・ そこを突破すれば出世につながる、難しい関門のたとえ。

鯉の滝登り』の類義語、対義語

類義語
 

功成り名遂げる(こうなりなとげる)

意味 ・・・ 努力を積み上げ成功し、有名な人物になること。

対義語
 

梲があがらない(うだつがあがらない)

意味 ・・・ なかなか思うように出世しないこと。生活がよくならないこと。

金槌の川流れ ( かなづちのかわながれ)

意味 ・・・ 金槌は頭が重く水中で頭が上がらないことから、下積みで出世の見込みがないこと。

※『及ばぬ鯉の滝登り』という表現もありますが、対義的な意味合いではありません。

及ばぬ鯉の滝登り(およばぬこいのたきのぼり)

意味 ・・・ いくら頑張っても、目的を達成することは不可能であるということ。

こんな場面で使おう!『鯉の滝登り』を使った例文

例文
 

・総務部から営業部へ移動してから彼は目覚ましい活躍をして、鯉の滝登りのごとく出世していった。

・機会を待ってばかりでは、鯉の滝登りのような躍進はないだろう。

・こんな小さな村に生まれて、上場企業の社長になるなんて、彼はまさに鯉の滝登りを成し遂げたと言えるだろう。

・野心の強い部長は、入社当時から胸の内に鯉の滝登りを掲げていたそうだ。

・歌手の付き人から始めて、紅白出場歌手にまでなるなんて、まさに鯉の滝登りだ。

『鯉の滝登り』を英語で表現すると?

比喩的な言い回しではありませんが、

successful career ・・・ 立身出世

great を付けてもいいですね。

英文にすると、

He made a great successful career.

スポンサーリンク

まとめ

幼い頃から広島カープの大ファンの私は、

どうしてカープ(鯉)なんて弱い名前を付けたんだ?


と不思議に思っていたものです。

カープというチーム名の由来は諸説あるようですが・・・

関連記事

  1. 今日のことわざ 『明鏡止水』 の意味、由来、類義語、対義語、使い…
  2. 今日のことわざ『覆水盆に返らず』の意味、由来、類義語、対義語、使…
  3. 今日のことわざ『他山の石』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、…
  4. 今日のことわざ『火を見るより明らか』の意味、由来、類義語、対義語…
  5. 今日のことわざ『身体髪膚之を父母に受く』の意味、由来、類義語、対…
  6. 今日のことわざ『一念岩をも通す』の意味、由来、類義語、対義語、使…
  7. 今日のことわざ『燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや』の意味、由来、類義…
  8. 今日のことわざ『虎穴に入らずんば虎子を得ず』の意味、由来、類義語…

最近の投稿

PAGE TOP