四字熟語

今日のことわ『呉越同舟』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで解説!

スポンサーリンク

NTTとKDDIの「つなぐ×かえる」プロジェクトから、ことわざを学ぼう!

国内最大手の電気通信事業者として、長年に渡りしのぎを削っているNTT(ドコモ)とKDDI(AU)ですが、

2020年9月にNTTとKDDIが締結した社会貢献連携協定に基づく「つなぐ×かえる」プロジェクトを立ち上げ、災害時の相互協力を発表して話題となりましたね。

そしてこの度、プロジェクト第2弾として『氷河期世代へ向けた就労支援』の取り組みをスタートしました。

日本マイクロソフトと認定NPOの『育て上げネット』の協力のもと、バブル崩壊後やリーマンショックの影響のなかで就職期を迎え、思うように就職できなかったいわゆる就職氷河期世代に向けて、働く上で必要なスキルを学べるリモート講座を提供し、

その後、NTTとKDDI、そのほかの企業も含めて300人規模の雇用につなげるというプロジェクトだそうです。

コロナ禍を受け、失業、転職を余儀なくされた“就職氷河期世代”を支援する施策として、

また、ライバル企業同士が手を組んでの活動に注目が集まっています。

というわけで、今日のことわざは、『〇〇〇〇』

今日のことわ『呉越同舟』

今日のことわざ
 

呉越同舟(ごえつどうしゅう)

意味 ・・・ 仲が悪い者同士が共通の利益のために協力すること。

 

『呉越同舟』の意味、由来

「呉越同舟」とは、中国の春秋時代、敵対して争いを繰り返していた『呉(ご)』と『越(えつ)』という国の関係性から生まれた表現で、

『孫子』が書いた兵法書である『孫子諺義』にある『常山の蛇勢(じょうぜんのだせい)』にある一説に由来しています。

『常山の蛇という伝説上の蛇が、長い尻尾と頭を連動させて戦うように、どうしたら効果的に軍隊を動かせるか?』という問いに、

孫子は、呉と越の関係性をたとえに出して「敵対関係にある呉と越の国の人も、嵐に遭遇した際には同じ舟で協力をするものだ」と回答しています。

このことから、『呉越同舟』という表現が生まれました。

そして、兵法としての真意は、

仲の悪い者同士であっても危機に直面すれば助け合うのだから、兵士を危険な状況に置くことで結束力を高めれば、軍隊を機能的に動かすことができる

という解釈になります。

『呉越同舟』の類義語、対義語

類義語

類義語
 

同舟相救う(どうしゅうあいすくう)

意味 ・・・ たとえ仲が悪かったり、見ず知らずの者同士であっても、危険にさらされれば互いに助け合うものだということ。

共同戦線(きょうどうせんせん)

意味 ・・・ 二つ以上の団体が、直面する共通の目的のためにつくる協力体制。

また、『呉』を『楚』に変えて、『楚越同舟』でも、同じ意味になります。

 

対義語

申し訳ありません。

適切な対義語が見つかりませんでした。

何か見つかれば、追記致します。

 

こんな場面で使おう!『呉越同舟』を使った例文

 

例文 コロナ禍で世界経済全体が苦境に立たされた今、敵だ味方だの言ってられないと、我が社は呉越同舟でライバル企業と手を組むことになった。

例文 代表チームに選出されて以来、呉越同舟ということで仕方なく始まったライバルチームの選手との付き合いだったが、今ではシーズンオフに共に自主トレをするほどの仲になっている。

例文 呉越同舟というが、あれ程いがみ合っていた二人が、同じ目的のために共に汗を流す姿に、私たちの胸は熱くなった。

例文  新しいプロジェクトを成功させるには、どうしてもライバル企業の技術力が必要だったので、業界の将来のためにと、呉越同舟で協力を仰ぐことに決めた。

例文 我々の上司はいつも嫌味ばかり言ってくる意地悪な人だが、もしかすると自ら憎まれ役を買って、課内に呉越同舟の効果を生み出そうとしているのかもしれない。

 

 

『呉越同舟』を英語で表現すると?

英語での比喩的な表現として、これらの表現があります。

Woes unite enemies.

訳 災いは敵同士を団結させる。

Bitter enemies in the same boat.

訳 同じ船の仇。

While the thunder lasted, two bad men were friends.

訳 雷が続く間、仲の悪い二人は友達同士だった。

スポンサーリンク

まとめ

私たちが生き行く中で、『人間関係』とは、最も重大な悩みの種と言えるでしょう。

一歩家から出れば、嫌な人とも付き合ったり、力を合わせなければならないことは多くあります。

ですが、いくら嫌いな相手やライバルであっても、同じ目標に向けて協力したり、共に困難に立ち向かえば、新たな発見や感動も生まれるでしょうし、絆も芽生えるかもしれません。

いざという時には意地など張らず、『呉越同舟』の気持ちを忘れないようにしましょうね。

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 今日のことわざ『大器晩成』の意味、由来、類義語、対義語、例文、英…
  2. 今日のことわざ『鬼手仏心』の意味、由来、類義語、対義語、例文など…
  3. 今日のことわざ『三寒四温』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、…
  4. 今日のことわざ『一騎当千』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、…
  5. 今日のことわざ『適材適所』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、…
  6. 今日のことわざ『捲土重来』意味、由来、使い方、英語表現を解説
  7. 今日のことわざ『一陽来復』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、…
  8. 今日のことわざ『創意工夫』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の投稿

PAGE TOP