東京オリンピック

  1. 今日のことわざ『鳴かず飛ばず』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで徹底解説!

    2021年東京オリンピック、200m、400m個人メドレーでの二冠を達成した大橋悠依選手ですが、これまでの水泳人生は決して順風満帆とは言えない過酷な道のりだったそうです。鳴かず飛ばずの苦しい時代を乗り越えての偉業を讃えて、今日のことわざは・・

  2. 今日のことわざ『十年一日』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで徹底解説!

    2008年北京オリンピックを最後にオリンピック種目から除外となっていた女子ソフトボールですが、あれから13年・・・。13年前と変わらぬ快投を披露した上野 由岐子選手を讃えて、今日のことわざは・・・

  3. 今日のことわざ『賽は投げられた』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで徹底解説!

    東京オリンピック・パラリンピック開催まで1か月を切っています。もちろんコロナ禍での開催に不安はあるでしょうが、世界中のアスリートも、主催する日本も『賽は投げられた』と覚悟を決め、安全にオリンピックを行うために日々戦っています。そこで今日のことわざは

  4. 今日のことわざ『蛇は一寸にして人を吞む』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで徹底解説!

    オリンピック金メダリストで、現在はスポーツ庁長官として活躍する室伏広治氏が悪性脳リンパ腫を患い、闘病中であることが報じられました。鉄人・室伏広治の回復を祈って、数々の室伏伝説とともに、お届けする今日のことわざは『蛇は一寸にして人を吞む』。

  5. 今日のことわざ『後釜に据える』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで徹底解説!

    女性蔑視発言で辞任した森喜朗会長の後任として、五輪相を務めてきた橋本聖子氏を後釜に据えて念願の東京オリンピック開催に向けて走り出したかと思っていたのですが・・・。開催まで4ヶ月を切った現在、雲行きは極めて怪しく・・・。

  6. 今日のことわざ『雪に耐えて梅花麗し』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで徹底解説!

  7. 今日のことわざ『一陽来復』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで徹底解説!

  8. 今日のことわざ『口は災いのもと』の意味、由来、語源、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで解説!

  9. 今日のことわざ『有終の美を飾る』の意味、解説、由来、類義語、対義語、例文、英語表現

  10. 今日のことわざ『柔よく剛を制す』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などを徹底解説!

PAGE TOP