新型コロナウィルス

  1. 今日のことわざ『あちらを立てればこちらが立たぬ』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで解説!

    新型コロナウィルスへの政府の遅れた対応には、多くの批判的な声がありますが、ウィルスの拡大、被害を食い止めながら経済を回すことは非常に困難なことです。置かれた状況、立場によって意見は異なり、『あちらを立てればこちらが立たぬ』実に難しいものですね。

  2. 今日のことわざ『喉元過ぎれば熱さ忘れる』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで解説!

    緊急事態宣伝の効果か、新規感染者の数字だけを見ると徐々に鎮静化してきたように思えますが、濃厚接触者の追跡検査の減少や、イギリスからの変異株など、まだまだ予断を許さない状況には変わりまりません。というわけで、今日のことわざは『喉元過ぎれば熱さ忘れる』

  3. 今日のことわざ『必要は発明の母』の意味、由来類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで解説!

    中国・武漢で新型コロナウィルスが発見されて約1年。通常では開発から実用化までに十数年以上の年月を必要とする新薬(ワクチン)が開発され、摂取を開始している国もあります。研究者、医療従事者、各種機関の方々の奮闘を讃え、感謝して、今日のことわざは、『必要は発明の母』

  4. 今日のことわざ『君子危うきに近寄らず』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などを解説!

    コロナウィルスに打ち勝つために、今日のことわざ『君子危うきに近寄らず』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などを解説!みんなで一丸となって君子となり、コロナを終息させましょう!

PAGE TOP