新型コロナウィルス

  1. 今日のことわざ『ルビコン川を渡る』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで徹底解説!

    2021年6月末現在、東京オリンピック開催まで1か月を切っています。入国したウガンダ選手団から感染者が出たり、国内の感染者のぶり返しなど問題は山積みですが、日本は開催国としてルビコン川を渡る覚悟で走り出しています。というわけで今日のことわざは・・

  2. 今日のことわざ『賽は投げられた』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで徹底解説!

    東京オリンピック・パラリンピック開催まで1か月を切っています。もちろんコロナ禍での開催に不安はあるでしょうが、世界中のアスリートも、主催する日本も『賽は投げられた』と覚悟を決め、安全にオリンピックを行うために日々戦っています。そこで今日のことわざは

  3. 今日のことわざ『暖簾を下す』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで徹底解説!

    長引くコロナ禍によって、多くの飲食店が『暖簾を下す』ことになっていると聞きます。商売を営む方にとって『暖簾』とは、看板であり、信頼であり、誇りでもあるでしょう。閉店してしまっても、しっかり『暖簾』を守っていれば再起の道も開けるはずです。というわけで

  4. 今日のことわざ『火を見るより明らか』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで徹底解説!

    2021年4/25、東京都、京都府、大阪府、兵庫県の4都府県で三度目の緊急事態宣言が発令されましたが、ここ最近のコロナ慣れや変異株の感染拡大状況などを鑑みると、こうなることは火を見るより明らかだったというわけで・・・。というわけで今日のことわざは

  5. 今日のことわざ『二度あることは三度ある』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで徹底解説!

    身に降りかかる災いや災難は、意外と偶然ではなく必然という場合が多くあるものです。同じようなミスや失敗を繰り返さないためにも、しっかり原因を考えて、対策を取っていきましょう。というわけで、今日のことわざ『二度あることは三度ある』を深堀していきましょう。

  6. 今日のことわざ『目は口ほどに物を言う』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで解説!

  7. 今日のことわざ『あちらを立てればこちらが立たぬ』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで解説!

  8. 今日のことわざ『喉元過ぎれば熱さ忘れる』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで解説!

  9. 今日のことわざ『必要は発明の母』の意味、由来類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで解説!

  10. 今日のことわざ『君子危うきに近寄らず』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などを解説!

PAGE TOP