慣用句

  1. 今日のことわざ『閑古鳥が鳴く』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで徹底解説!

    新型コロナウィルスの感染拡大が始まって以来、幾度も繰り返される緊急事態宣言、まん延防止等重点措置といった政策のため、人出は減少し、どこに行っても『閑古鳥が鳴く』ような状況が続き、飲食業、観光業などは大きな打撃を受けています。というわけで・・・。

  2. 今日のことわざ『狼煙を上げる』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで徹底解説!

    リーグ三連覇を果たして以来、低迷が続き、今シーズンも苦戦を強いられている広島カープですが、カープの、日本の四番・鈴木誠也選手が9/9には6試合連続本塁打という、プロ野球記録にあと1試合と迫る球団記録を達成し、反撃の狼煙を上げたかに思えたのですが・・

  3. 今日のことわざ『大船に乗る』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで徹底解説!

    2016年からリーグ三連覇を果たして以来、低迷が続く広島カープですが、入団1年目にして不動の守護神となった栗林選手の台頭は、明るい未来を照らしているようです。彼が出ると大船に乗ったように安心して試合を見守ることができるほどです。というわけで・・・

  4. 今日のことわざ『貧乏くじを引く』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで徹底解説!

    自民党総裁としての任期満了を迎える菅義偉首相が、退陣する意向を示しました。コロナ対策への批判から多くのバッシングを浴び続けてきましたが、もし他の人が首相になっていたとしても・・・。そう思うと、タイミング的に貧乏くじを引いたように思えてしまいますね。

  5. 今日のことわざ『身から出た錆』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで徹底解説!

    世の中、偶然の出来事なんてそうそうありません。特に己に降りかかる災いのほとんどが自らの行動による必然的なことでしょう。まずは自分の行動を見つめ直し、浮き出てきそうな錆をきれいに落としましょう。というわけで、今日は『身から出た錆』を深堀していきます。

  6. 今日のことわざ『引導を渡す』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで徹底解説!

  7. 今日のことわざ『暖簾を下す』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで徹底解説!

  8. 今日のことわざ『寝耳に水』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで徹底解説!

  9. 今日のことわざ『元の鞘に収まる』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで徹底解説!

  10. 今日のことわざ『後釜に据える』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで徹底解説!

PAGE TOP