東京オリンピック・パラリンピック

  1. 今日のことわざ『鳴かず飛ばず』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで徹底解説!

    2021年東京オリンピック、200m、400m個人メドレーでの二冠を達成した大橋悠依選手ですが、これまでの水泳人生は決して順風満帆とは言えない過酷な道のりだったそうです。鳴かず飛ばずの苦しい時代を乗り越えての偉業を讃えて、今日のことわざは・・

  2. 今日のことわざ『十年一日』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで徹底解説!

    2008年北京オリンピックを最後にオリンピック種目から除外となっていた女子ソフトボールですが、あれから13年・・・。13年前と変わらぬ快投を披露した上野 由岐子選手を讃えて、今日のことわざは・・・

  3. 今日のことわざ『草葉の陰』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで徹底解説!

    東京オリンピック・パラリンピック、日本のお家芸・柔道で、高藤直寿選手、渡名喜風南選手によるメダル奪取、阿部一二三、詩兄妹による金メダルで最高の勢いがつきました。4か月前、53歳という若さで亡くなった古賀俊彦氏も草葉の陰から喜ばれていることでしょう。

  4. 今日のことわざ『我が身をつねって人の痛さを知れ』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで徹底解説!

    自慢ともとれる調子で同級生へのいじめについて発言していた事実が問題視され、大きな波紋を呼んでいた五輪開会式作曲担当のミュージシャン小山田圭吾氏の辞任が発表されました。というわけで、今日のことわざはストレートに、『我が身をつねって人の痛さを知れ』

  5. 今日のことわざ『ルビコン川を渡る』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで徹底解説!

    2021年6月末現在、東京オリンピック開催まで1か月を切っています。入国したウガンダ選手団から感染者が出たり、国内の感染者のぶり返しなど問題は山積みですが、日本は開催国としてルビコン川を渡る覚悟で走り出しています。というわけで今日のことわざは・・

  6. 今日のことわざ『賽は投げられた』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで徹底解説!

  7. 今日のことわざ『千載一遇』の意味、由来、類義語、対義語、使い方、英語表現などをエピソード付きで徹底解説!

PAGE TOP